2018/06/20

焦がしバター醤油もろこしご飯

「焦がしバター醤油もろこしご飯」
by 漫画家 おかざき真里先生

これを知ったのはtwitter。友人の白澤里香ちゃんリツイート。

相方がコーン好きなので作ってみた。

とうもろこしを買って、実だけこそぎ削る。



実を削った後の「芯」をお米に投入。
この芯からイイ味が染み出るらしい。
一応、塩と酒、各小サジ1も投入しておいた。

炊き上がったのがコチラ。


お米に旨味も吸い取られた芯の欠片だけど。
ビンボー症で、試しにこの殆ど食べるところのない芯をしゃぶってみた。

んまーーーーい!!

ここでダッシュで、肝心の「焦がしバター醤油もろこし」作り。
っても超簡単。
バターひとつまみで削っておいたコーン実を炒めるだけ。
(私はバターが多いとお腹ピーなので少なめ)

すかさず醤油を投入。

コーンは甘みがあるので、かなり多めに醤油を入れても大丈夫。
思い切って、あえて焦がす。この写真からさらにもっと焦がす。


で、炊き上がったご飯と混ぜる。
あまりキッチリではなく、ザックリと。


美味しかった〜。

ご飯を二合以上焚くなら、とうもろこし2本やっちゃってもアリ。
1本だけとしても、もう少し醤油をドバッとしてもアリ。
そしたら、このご飯だけでガツガツいける。
今日のウチのは、ご飯の量に対してとうもろこしが少なかった。
ま、オカズと一緒だったから、このくらいでちょうどイイんだけど。

明日は、この残りを炒めてチャーハン風にしよう。

お料理は好きじゃないから、めったにアップしないおウチゴハン。
お子ちゃまレベルの料理しかできない。
こんなのアップするの、最後だと思う。恥ずぃー。

月2くらいで登場の豚バラ大根

中華風かきたま汁。豆腐入り。とろみ付け過ぎた。

マッシュルームとレタスと腐りかけてた(笑)紫玉葱のサラダ。冷凍エビを蒸して。





フットジェル6-7月

けっこーネイル好きな私。
動物ボランティアで福島に通っていた頃を除いて、いつも手足のジェルネイルは欠かさなかった。

それが、一昨年からフットジェルだけに。
ハンドは短い地爪へと変更。
理由は、老猫ペコの介護と、月イチ実家帰省時の掃除・整理。

ペコが亡くなり、ハンドだってまた復活しても良いのだけれど......。
一度、短い地爪の気楽さを味わってしまったら、なかなか元には戻れない。
ショップチャンネル出演時だけ、極薄ピンクのマニキュア(普通のポリッシュ)を自分で塗っている。

そして相変わらず続いているのはフットジェル。
30-40日に一度は塗り替えている。

今日はそんな塗り替え日。

私は季節に関係なく「ネイビー」ベース。

今回も、いかにも夏!なマリンブルーじゃなく、大好きな深いネイビーで夏っぽくしたかった。

私からのオーダーは「浴衣っぽく」。


大満足〜!

徒歩5分。府中の地元ネイルサロンだって捨てたもんじゃない。

今回もありがとうございました!!






2018/06/19

週末、そして月曜


週末は大阪でテンセグ指導者養成講座の予定だった
前乗りで金曜に大阪入り、土曜〜日曜と養成講座をして、講座後には修了生たちと懇親会。その夜にもう一泊して、月曜昼に帰京するスケジュール。

ところが今回の大阪、申し込みくださった人数が最少催行に満たず
泣く泣く講座はキャンセル集客できない自分の力不足に凹んでいた。

一方で、大阪講座を想定して、都内のクラスは既に代行申請済み。
「出張は無くなったので、やっぱ自分がクラスやります」と代行取り下げもできたけれど.......。

ここはせっかくなので名古屋へGO!恒例の月イチ実家帰省ってやつ。
いつもは一泊だけれど、今回は二泊。母との時間もたっぷり。


そしたら、
6月18日月曜の朝7時58分頃。
大阪府北部で震度6弱の地震!

なんてこと!

予定通りだったら自分もそこにいたのだ。

名古屋もかなり揺れた。

ニュース映像や彼女たちがポストしていた写真。
トイレに長い列。帰宅できずに道路を歩く人々。

3.11の光景が蘇る。


夕方になって、ようやく関西の友人知人の無事が概ね確認できてホッ。


そして実家で2泊の後、母と別れ名駅へ
駅に着いて、一番早い新幹線の座席指定を買ったけど、4570分の遅れ。 
確かに ホームでは60分前発の列車がまだ来てない。
私のはいつになるやら。

いや、私は大幅な遅延でも運転されているだけマシだ。
名古屋から西方面へ行くはずだった人たちは階段まですべて埋め尽くして座り込み、途方に暮れている。

そして、時間はかかったものの、終電よりずっと早い時間の在来線にも間に合い、ようやく東京の我が家へ。

そしたら、そしたら、
なんと、我が家の庭にラスカル出没!

シロ爺、大丈夫かぁ!

what a day!!


今回の地震で被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。
まだご不自由は続くかもしれませんが、どうかご自愛ください。
そして、被災地に住む動物たち、おウチがある子もない子も無事でありますように。


2018/06/17

高山 皆さんの感想

先日の高山 Ryu's Styleで開催したスペシャル講座。主宰者りゆ先生が、受講された皆さんに感想などを尋ねるアンケートを実施してくださいました。

ご了承を得たので、皆さんから集められた感想をこちらに転載させていただきます。



・現代にあったヨガがこんなに心地いいとは知らなかった。

・「生きてていいんだ!これでいいんだ!」

・「アコさんのヨガみたいなヨガをレッスンでやりたい!」

・「生きとしいける・・・」この言葉をレッスンで伝えたい。

・事務局があるなんて本格的で感動。この学びを続けたい。

・講座内容・スケジュールに無駄がなくスムーズで充実した講座。

・細やかな気遣いがうれしい。

・髪をアコさん風に切りたい。

・再受講したい。

・自分の内側に入るのではなく、他人を含め空間を意識できた。

・りゆ先生がテンセグリティー・ヨガ講師ということで、講座前やレッスンの時からアコヨガの知識が自然と入っていたので、当日あたふたすることなく講座に集中して参加できた。
参加者側が準備をすることが、講座の充実を上げるのをとても感じた。

・帰宅してから家族の存在がいつも以上にありがたく感じました。

・ヨガってこんなに人を幸せにするのかと改めて感じました。

・浄化された気分。日常にない貴重な場の提供と高山で受講できたことに感謝。

・できるか?どうか?不安でしたが、知り合いが多く安心して受講できました。

・ワークショップではじめて生徒を中心に構成された内容だと思った。
過去に受講したものは(中心部・地方も)主催者側のおしゃべりや仲良し自慢をされているようで、お金払って昔話をきかされ時間も無駄。
都会に出向かなくても高山でこのクオリティーで受講できることに感動。次回も高山で受講したい。

・話しかけられたら泣いてしまうと思いながら瞑想をしました。
瞑想でこの感情になったのは初めてです。

〈そして最後は、りゆ先生の感想です〉
ヨガの勉強は、ノートに書いて頭で覚える勉強しか知らなかった私に、ヨガのアーサナを通じて、ヨガの哲学もリアルな現実も
また、ヨガのアーサナの先にある自分を学ばせてもらいました。
ACOさんは、魔法使いのような人。
私達を魔法の絨毯にのせ、各地に旅をするような感覚の講座でした。



以上です。

感涙!皆さんの言葉は私の元気の素です。宝物です。本当にありがとうございました。




2018/06/15

ズルい

前回、5月の帰省。

テンセグ事務局エビちゃんから託された「母の日」チョコを渡したとき。

エビちゃん、ありがとう!

若かった頃も、
年老いた今も、
母のスッピンは美しい。

ファンデを塗ったようにキメ整った美白肌。
紅をさしたようにほんのり赤い唇。

ズルい。

明日からまた名古屋。
ズルい92歳に会いに行くよ。

今回もエビちゃんからママへ、飛騨高山の土産あり〜。


バランスボーイ

ミーハー魂を揺さぶられ。

ガマンできずにポチっと。

ごめんなさい。

だってやっぱ、

ヨガだけじゃね。

ジムとかじゃなくね。

いいの。

こーゆー私だからこそ、

同じような人に向けてお伝えできるんだから。

次回のショップチャンネルもがんばろー。

人気色のレッドは再入荷待ちだったので、こちらブルーを。

雨のシロ爺

雨が降ると気分ダダ下り。



ポーカーフェイス(笑)と思われがちだけど......。

いつもと比べて、表情が暗〜い。


いつまで降るのかね......。


2018/06/11

高山 講座後

高山の初講座。全力投球しました。

講座終了から帰りの電車まで、しばしの時間。

ホテルは既にチェックアウトしてたけど、ラウンジに入ってプチ打ち上げ。

飛騨の地ビール。

りゆちゃん、最後の最後まで本当にお世話になりました。

エビちゃんは飛騨メロンの贅沢パフェ。この幸せそうな顔!

帰りは富山経由で。

人も風景も街並みも食事も温泉も、高山は最高でした。

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました

りゆちゃん、ありがとうございました。
りゆちゃんのご家族、ありがとうございました。

極天然水を協賛いただいた霧島天然水さん、ありがとうございました。

エビちゃん、ありがとう。

高山WS

4.5時間のACOYOGAスペシャル in 高山

写真でのご報告〜!

りゆ&竜平。夫婦で「ダブルRyu」。1Fボクシングジム。2Fヨガスタジオ。

わあ!私の昔のDVD全巻を並べてくれてました。

アロマオイルに水素水。マットはホット用と常温用。充実しています。

「りゆ よが すたじお」オーナー。我らが りゆちゃん。

りゆ よが すたじおインストラクターの皆さんと。

満員御礼でスタート。高山、飛騨、下呂、富山、東京からの皆さん。

受講者の約半分がインストラクターでした。

熱心です。「学びたい!」気持ちがビンビン伝わります。

皆を見守る優しい眼差しの りゆちゃん。

東京、富山から参加してくれた3人以外は、すべて初めてお会いする人ばかり。

ポーズモデルはもちろん、りうちゃん!力強く美しいアサナ。

高山の食材を使った美味ランチ。そして協賛の極天然水。

ランチ明けはまだお腹いっぱい。「指つまみ」で少々また〜り。

撮影はテンセグ事務局エビちゃん。試行錯誤しながらも腕を上げてます。

一体感が出てきました。いよいよ終盤のヴィンヤサへ。

ヴィンヤサ1

ヴィンヤサ2

ヴィンヤサ3

ヴィンヤサ4

皆さん、素晴らしかったです。本当にありがとうございました!

高山から富山へバトンタッチ。魚津の新井かおりちゃん、よろしくお願いします。

8月魚津のフライヤー。

高山 観光編

講座の前日。午後に高山入り。
夕方からちょっとだけ高山観光をしました。


四半世紀ぶりの高山。

高山のテンセグ認定講師、りゆちゃん。呼んでくれてありがとう。

りゆちゃんとは10年の付き合い。

高山といえば「さるぼぼ」。エビちゃん、いっとこー!

雨の中、古い街並み「さんまち通り」散策。

どうしても行きたかったお店。16時半閉店なのでまずはココへまっしぐら。

刀をパロった傘。こーゆーのに食いつくのはエビちゃん。

「酒ばやし」とよばれる杉の葉を玉にした看板が造り酒屋の目印。

大吟醸の深山菊を試飲。

桜や雪の季節に映えって有名なビュースポット「中橋」。

夜は飛騨牛フィレステーキをいただきました。美味堪能!

りゆちゃんご主人の杉田竜平さん。元.日本Sフェザー級チャンプ。